トップページ 最新情報 会社概要 花火の化学 花火の雑記 花火写真館 花火動画館 競技会成績
花火の種類
打揚のしくみ
花火が出来るまで 花火大会の1日
花火の主役「星」 花火質問箱
花火の大きさ
花火ができるまで
夜空に輝き、散っていく花火・・・このページではその花火がどういった工程で作られるのか、花火師が作る花火の「製作工程」をご紹介します。(菊花火の場合)
1.薬品の配合
粉状の原料を計量し、目の細かいフルイにかけて完全に混ぜ合わせます。
2.造粒(ぞうりゅう)・・・星掛け
回転釜を利用し、原料を回転させながら玉状の粒を作っていきます。
水分を与えながら、粉状の炎色剤をまぶし、粒を太らせていきます。
この粒は「星」と呼ばれ、花火のパーツになります。
3.日乾(にっかん)
造粒で作った「星」を天日で乾燥させます。
※造粒(2)と日乾(3)を何度か繰り返しながら、大きな星に仕上げていきます。
4.玉込め(合わせ芯)
「玉皮」という容器に「星」を並べ詰めます。
今は半球の容器ですが、この後の工程にある、「皮合わせ」で二つの半球を合わせ、球状にします。
5.薬詰め
「星」の内側に和紙をひき、中央に「割火薬」を詰めます。
「星」と「割火薬」の間に和紙をはさむことによって、「星」を固定し、火薬の摩擦による発火を防ぎます。
6.皮合わせ
二つの半球状の「玉皮」を、「星」などが崩れないように、合わせます。
(パックリ法)
7.玉貼り
玉の表面に、丈夫な紙を何枚も貼り、固めます。
糊付けと乾燥を何度も繰り返します。
8.仕上げ
竜頭(持ち手)をつけ、玉名(玉の内容)を書き込み、工場のスタンプなどを押して完成です。完成した花火は火薬庫で厳重に保管されます。