トップページ 最新情報 会社概要 花火の化学 花火の雑記 花火写真館 花火動画館 競技会成績
花火の種類 打揚のしくみ
花火が出来るまで 花火大会の1日
花火の主役「星」 花火質問箱
花火の大きさ
花火の主役「星」
花火の主役「星」に戻る                  
星の色
星の色
花火の色は「星」の色
花火の色はどうやって出すのでしょうか?花火は「星」が集まって構成されているとお話しましたが、この「星」の材料によって色々な色の効果がでます。星に含まれる「元素」が燃える時の炎の色を使い、美しい色を作り出すのです。
「星」の構成物質
「星」は以下の3種の材料で構成されています。これらがそろってはじめて花火の色が出ます。これらを「色火剤」と呼びます。

色火剤=酸化剤+可燃剤+炎色剤


酸化剤と可燃剤は燃焼反応を起こし、高い温度を発生させます。
炎色剤はその高温によって、色つきの炎を出します。これが花火の美しい色になります。
「色」
花火の色は、炎色剤の化合物によって変わります。