トップページ 最新情報 会社概要 花火の化学 花火の雑記 花火写真館 花火動画館 競技会成績
花火の種類 打揚のしくみ
花火が出来るまで 花火大会の1日
花火の主役「星」 花火質問箱
花火の大きさ
   
花火の大きさ  
 
玉の大きさの呼び方
玉の大きさは尺貫法の”寸”(一寸は約3.3センチ)が基準です。直径が三寸(9センチ)の花火玉は3号玉と呼び、一尺(十寸)は10号玉、三尺(三十寸)は30号玉と呼びます。
 
玉の寸法のホント
先ほど三寸の花火が9センチと言いましたが、これは公称で、実寸はもう少し小さく作られています。それは「三寸(9センチ)の筒で打揚げる」ということを意味し、玉の実寸は筒より小さく作られているのです。例えば9センチの筒で打揚げる三寸の3号玉は実寸は8.5センチで、90センチの筒で打揚げる三尺の30号玉は88.5センチで作られています。
 
玉の大きさは何種類
現在、玉の大きさの種類は2号玉から40号玉(四尺玉)までです。2号、2.5号、3号、3.5号、4号、5号、6号、7号、8号、10号、12号、15号、20号、30号、33号、40号といった大きさの花火玉が作られています。
 
一寸の差
花火玉のたった一寸(3センチ)の差は花火玉や花火が揚がる時、開いた時、どれくらいの差が出るのでしょうか。一寸違うことで花火玉の重さは倍近くになり、火薬の量も2倍になります。又、到達高度は4号玉では160メートル、5号玉では190メートル、花火が開いた時の直径は4号玉で130メートル、5号玉では170メートルもの差がでます。
 
玉の大きさと開花表

右の「花火打揚げ」で花火を打ち上げてみて下さい。玉をクリックすると各花火の大きさや重さ、開花時の直径などがわかります。
(ご覧頂くには FLASH PLAYER が必要です)