トップページ 最新情報 会社概要 花火の化学 花火の雑記 花火写真館 花火動画館 競技会成績
花火の種類 打揚のしくみ
花火が出来るまで 花火大会の1日
花火の主役「星」 花火質問箱
花火の大きさ
花火大会の1日

花火大会の裏側をご紹介します。職人の世界。ある大会での1日を例にとってご説明いたします。
※大会前には、主催者側との打ち合わせ、都道府県知事への打揚げ許可申請の手続き、プログラム作成などの入念な準備が行われます。
その後、細かいタイムスケジュール作り、打揚げ花火や仕掛け花火の準備が行われます。
1.大会当日・出発
トラック数台に、筒や打揚げ玉、仕掛け花火類、小道具や防火用具を積み込み、現地に向け、出発。
2.到着・作業開始
打揚げ筒の設置では、延焼防止のため、落ち葉を払い、枯れ草を刈り、筒の周辺に水を打って湿らせる。山林の場合には、消防署に散水をお願いすることもある。
3.検査
監督官庁の担当者と消防署員の検査。許可申請書の届け出内容との照らし合わせで、微細で厳しい検査が行われる。
4.打揚げ開始間近
各持ち場に散った担当者から、監督者へ準備okの報告が寄せられる。
5.大会開始
5段雷、3段雷などの信号雷を合図に大会が開始される。
観客を飽きさせぬよう、ドラマチックなタイミングを計算したタイムスケジュールにそって、大空に大輪の花を咲かせる。
6.打揚げ
打揚げ装置の点火などの他に・・・
打揚がる玉の行方を目で追い、点火したかどうか確認。点火しなかった「黒玉」になったかどうか確かめたり、また、スターマインでは、火の粉を浴びながらも、その火の粉が次のスターマインのシートなどに燃え移らないよう、竹ぼうきで払いのけたり、地面で燃える残さいを消火したりする。
7.大会終了後・撤収作業
現場付近の清掃。整理。「黒玉」の捜索。
8.帰社
日付が替わるような遅い時間帯に帰社。
9.翌日
大会が終了した翌日にも作業は続く。
暗がりで清掃しきれなかった現場の整理と、「黒玉」の捜索。「黒玉」が一つでも残っていると、危険なので、山林などの中でも徹底的に行う。
わずか、1,2時間の饗宴のために費やされる費用と労力は莫大なものですが、それでも人々は花火を求め、花火師は花火づくりを止めません。
また、この時があるからこそ、花火職人の1日1日もやりがいがあるものになるのです。皆さんも、花火大会の折には、花火師達の裏側の姿に思いを馳せ、今まで以上に花火大会を楽しまれてはいかがでしょうか。